『旧尾西織物同業組合事務所』 愛知県一宮市

近代産業化遺産、史跡、保存灯台や文化財建築などをまとめて検索!

旧尾西織物同業組合事務所 《基本情報》

No21
名称旧尾西織物同業組合事務所
遺産種類一宮市の織物関連遺産
資料等
カテゴリ繊維・機械
都道府県愛知県
市区町村一宮市
概要

『旧尾西織物同業組合事務所』は、愛知県の一宮市の織物関連遺産として、経済産業省の近代化産業遺産(繊維・機械)に登録されています。

昭和8年(1933年)の建築。
「毛織物王国」と呼ばれ隆盛を極めた昭和初期に建てられた近代建築です。

茶褐色のスクラッチタイルの外壁に白石の縁どりが施された瀟洒な洋館で、
スクラッチタイル張りの煙突や、屋上には鳥居も見えます。

現在も尾西繊維協会ビルとして健在です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください