『高見倶楽部』 福岡県北九州市八幡東区 戸畑区


近代産業化遺産、史跡、保存灯台や文化財建築などをまとめて検索!
No3
名称高見倶楽部
遺産種類八幡製鉄所関連遺産
資料等
カテゴリ鉄鋼
都道府県福岡県
市区町村北九州市八幡東区 戸畑区
概要

『高見倶楽部』は、福岡県の八幡製鉄所関連遺産として、経済産業省の近代化産業遺産(鉄鋼)に登録されています。

明治後期の官営八幡製鐵所の発足当時、迎賓や社交の場として八幡村の豪邸を構内に移築し「公餘倶楽部」(務の暇の意味)として開設されました。

製鐵所構内の拡張に伴い、ドイツ人顧問技師・グスタフ・トッペの豪華な宿舎や長官官舎が現在の高見に移され、2代目の公餘倶楽部にされました。

現在の建物は昭和3年に奈良ホテルをモデルにしたもので、木造平屋、一部2階建てで、戦後、中央部の宴会室・宿泊棟が鉄筋コンクリート2階建てに改築され名称を「高見倶楽部」としました。

正面玄関・応接室・会議室や使用されていない撞球室、奥のVIP滞在室は当初の形式を残しています。

高見倶楽部関連映像

高見倶楽部に関するQ&A情報


This entry was posted in 鉄鋼 and tagged . Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*