『八茎鉱山跡』 福島県いわき市

近代産業化遺産、史跡、保存灯台や文化財建築などをまとめて検索!

八茎鉱山跡 《基本情報》

No10
名称八茎鉱山跡
遺産種類八茎鉱山関連遺産
資料等
カテゴリ常磐鉱工 業
都道府県福島県
市区町村いわき市
概要

『八茎鉱山跡』は、福島県の八茎鉱山関連遺産として、経済産業省の近代化産業遺産(常磐鉱工 業)に登録されています。

鉱脈の発見は寛永2年(1625年)に遡るスカルン鉱床(熱水鉱床の一種で、石灰岩などが火山活動などの影響で鉄や銅をはじめ亜鉛や鉛、柘榴石などに変化した鉱床です。)で、主に灰重石を採掘していました。

現在では採掘は行われず、2011年までに鉱山事務所、選鉱場、採鉱場の建物も取り壊され、閉鎖された坑道口などが残っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください